羽生結弦選手がインフルエンザで全日本選手権欠場になった件

日本フィギュア選手権を2日後に控えていた12月21日、羽生結弦選手がインフルエンザのために欠場すると発表になりました。
羽生選手は日本スケート連盟を通じて「応援してくださっている皆様、スケート関係者の皆様、スポンサーの皆様、メディアの皆様、そして全日本フィギュアスケート選手権大会を楽しみにしてくださっている皆様、ご心配とご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ありません。今は安静加療に専念し、体調をしっかり戻していきたいと思っております」と、コメントしています。
確かに、楽しみにしていたファンにとっては残念ではあるけれど、こればかりはしようがないですよね。
アスリートは体脂肪率が低いですから、風邪などに掛かりやすいと言われています。
ジュニアの本田真凜選手もインフルエンザでジュニアグランプリファイナルを欠場しています。
特に羽生選手は子供の頃から「喘息持ち」です。風邪を引くと喘息の症状が起きてしまう可能性があり、普通の人より悪化する恐れがあります。
いつもマスクをしているのも、普段から予防しているためです。

しかし、羽生結弦という選手はジェットコースターに乗っているような人生を送っていますね。
フィギュアスケーターとして才能を伸ばし始めた頃に東日本大震災に遭い、練習場をなくします。
全国のアイスショーを転々としながら練習をしていましたが、オリンピックで金メダルを獲るため、カナダを根拠地にし、見事にソチ五輪で金メダルを獲得します。
オリンピックの次のシーズン、グランプリシリーズの中国大会でその事故は起こります。
フリーの6分間練習で選手と激突としていますのです。
血だらけの彼はそれでも演技を強行、次のNHK杯にも出場します。
ギリギリでGPファイナルの出場権を手にして、最高の演技で頂点に輝いてしまうのです。
ところが、その後、腸の病気で手術。病み明けの世界選手権は銀メダルに終わりました。
翌シーズンは世界最高得点を叩き出すも、足の甲のけがでスケートができない状況になりました。
予定していたアイスショーもすべてキャンセルすることになりました。
そのため、今シーズンはスタートが遅れてしまったのですが、最終的にはGPファイナルを制しました。
ところが、今度はインフルエンザです。
今、彼はジェットコースターは一番下のところにいるのではないでしょうか。
そして年明けは下からグ~ンと頂点まで駆け上ってきてくれると信じています。

さて、羽生選手の今後はですが、全日本選手権を欠場してもGPファイナル優勝という実績から3月の世界選手権へ派遣されることは間違いないでしょう。
その他に、四大陸選手権平昌オリンピックと同じ場所で開催されるため、オリンピックの舞台を経験したいと考える選手が多く、羽生選手も例外ではありません。
ほかにも北海道でアジア選手権もあり、連盟は選手の派遣については選手の意向を優先すると言っているそうです。
今シーズンはあと2戦に出場することになりますが、それを含めても羽生選手の競技としての演技を見るのはあとわずかです。
今大会はファンにとっては貴重な大会だったため、ショックも大きいと思います。
多くのファンがSNSでコメントしているように羽生選手にとって必要な休みだったということです。
疲労が残ったまま、前シーズンのように酷使してしまうとけがを悪化させる可能性もあります。
羽生選手はまだまだ、勝利の女神に好かれているのでしょう。
年明けの彼の演技に期待しましょう。

留学しやすい学校

ネットニュースを見ていたら、留学しやすい学校という目次がありました。やはり学校によってシステムや留学に慣れているかいないかがはっきり出るんですね。私も実は留学が夢だったので、大学は留学がしやすいところという条件で調べました。日本の大学に行きたいというのではなく、どんな留学先と提携を結んでいるかどうかで志望校を決めたといった方がいいです。

1つの大学しか行っていないので、他の大学の留学に対するシステムと比べることはできませんが、私が通っていた大学の外国語学部生は2割?くらいは留学したのではないでしょうか。学費免除という金銭面での応援が良かったと思います。先輩方のデータもたくさんあるので安否確認も整っていましたし、学校側がすべきことは全てやってくれたように感じます。

まぁ、途中で留学したいと思ったら、どんな学校であれ自分で手配すればできるのですが、一から始めなければならないし、どうしたらいいのかわからなくなった時に聞ける相手がいないというのはちょっとキツイかなと思います。大学も、これからはウリとして出していくのがどれだけ世界との交流があるかにかかってくるかもしれませんね。グローバルな時代に備えていかなくてはなりません。

f:id:happylife1111:20170111142728p:plain

はんこの作れる場所を事前に調べておこう

一家に一つは必ずないと困るのが、はんこですよね。はんこがなければ書類の手続きができなかったりしますので、それは絶対に用意をしておかなければならないです。

また、銀行口座を作るにしてもはんこは必要ですし、宅配便を受け取るにしても手書きのサインよりはんこを押したほうが楽です。さらに、それ以外にも自分のサインが必要なときゴム印やはんこを利用する機会もありますので、意外とちょくちょく使います。

それを考えていくと、近所にゴム印やはんこの販売をしているお店がどこにあるのか、把握しておいたほうが絶対に良いですよね。今ではディスカウントショップなどでもゴム印やはんこの販売をしているので探すこと自体はそんなに難しくないのかもしれませんが、それでも正確に知っておかないといざ必要になったときとても困ってしまいます。

たとえば、はんこを一つしか持っていなくてそれをどこかに紛失してしまったりなどしたら、新しいはんこを早急に用意しなければならないわけです。はんこを使うときにはんこがないことを気付くでしょうから、そこからすぐに作れるかどうかは、普段からゴム印やはんこの販売をしているお店を知っているかどうかにかかっています。

いつも頻繁にはんこを作ることに対して意識しているわけですが、だからこそきちんと事前に調べておくことが大事です。ですので、そのことをしっかりと踏まえて日常生活を送っていたほうが、急なトラブルにも対応することができます。私の近くでは下記のお店がありました。

http://www.hakubundou.com/map/index.html

妊娠中の体重管理がうまくいきました!

妊娠36週目に入り妊娠検診も毎週になると最近は平日休みの主人も一緒についてきてくれるようになりとてもうれしいです。
しかし、前回の検診の際に1週間で1キロ以上も増えてしまい助産師さんから初めて指導をされてしましました。
まだ一応体重増加の範囲内ではありますが、これ以上の体重増加は出産がどんどん大変になるだけだと聞いて一気に怖くなってしまいました。
そのため先週から食事管理には気を使いしっかりと体重を元に戻せるように自分なりに努力をしてきました。

まず、明らかに原因の一つだと思うのは毎晩自分へのご褒美にとアイスを食べ続けていたことです。
これは完全に甘えていたことだと思うので先週からすっぱりやめることにしました。
またむくみも少し気になったので毎日お風呂をためてゆっくり温まるようにして余分な水分を出せるようにもしました。
そして仕事が産休に入ったため体をあまり動かさなくなっていたので、毎日スーパーにこまめに買い物に行くようにして必ず一日一回は外出して近い範囲を散歩するようにしていました。

結果、今日の体重は2週間前の体重に戻り、前回よりも1キロ近く落とすことができました。
赤ちゃんは順調に大きくなっていて、今の週数に対して平均ど真ん中で一安心です。
先生は最初少し心配していましたが、私が毎晩アイスを食べていたことをやめたと話すと苦笑しながら納得していました。
赤ちゃんは今日で2600gに達していたのでもういつ生まれても未熟児ではないね、と太鼓判を押されました。
実はおなかがあまり目立たず、臨月には見えないといろんな人に言われていたので少し心配していた分今回の結果はとてもうれしかったです。

エコーも赤ちゃんが大きくなった分一枚ではおさまりきらず画面いっぱいに顔がうつるようになりました。
目鼻立ちがはっきりわかるようになりとても驚きましたが、主人はなかなかエコーがどうなっているのかわからないようで先生に笑われていました。
次回はまた一週間後なので私の体重維持と赤ちゃんの成長を楽しみにまた楽しく過ごしたいと思います。

f:id:happylife1111:20161117221602p:plain

気功治療法とは、いい「気」をめぐらせること。

気功治療法とはいい「気」をめぐらせ、すべての生命活動の場を整えて、万病の原因となるものを取り去って治療していくものです。

気功治療の場合には「健身」「予防」「治療」といった3つの柱からできています。現代における予防医学と治療に特化されたものです。常に「気」を整えておくことで上の3つに効果をもたらしてくれます。

・免疫力をアップする、自然治癒力をアップ
・リラックス効果で心身のストレスを減少させる
・経路の通りをよくする、気血を調和させる
・大脳皮質の興奮を緩和、内臓の働きを活性化
・自律神経を整える
・潜在能力を開発する

以上のバランスをよく整えてくれるものが「気功治療」なのです。

気功治療はすべての生命活動を整えることができます。そして万病の原因でさえ取り除くことができます。

気功における「気」とは「生命エネルギー」のことで、生命エネルギーが何かのエネルギーで停滞してしまうことがあります。そのような時には病気になりやすいといわれています。悪い「気」を取り除き、「気」を正しく循環させることで、健康な状態を取り戻せてきます。
そして「場」や「環境」「空間」などをよい「気」で整えるということはとても重要なことになってきます。また、自分自身の自然治癒力を最大限に引き出す効果もあるといわれています。
現代医学と気功の違いでは、病変部に直接アタックする現代医学、病気の原因となっている悪い「気」を正す気功方で治癒を目指す違いがあります。
気功法といっても細かい方法は個人、流派で違いはあります。しかし、「停滞した悪い気に変わるよい気を循環させる」という考えかたは共通しています。

宇宙からのツイート

最近はISS(国際宇宙ステーション)が話題になっていますが、宇宙からツイートができるなんてなんだか凄いですね。
これから宇宙にいる人とも情報共有ができるのかと思うと、技術が進化したんだなって感じます。
 
私には到底見ることができないであろう地球の写真だとか、宇宙からのオーロラとか、夜の明かりがともった日本だとか、そういうのを生で見れている宇宙飛行士の方って凄いですよ。
その分、筋力がものすごいスピードで落ちるので、毎日2時間の運動をしなければならなかったり、宇宙酔いがあったりと大変そうですが、夢のある話だと思います。
 
UFOはよくテレビなんかで映っていると言われますが、あれは大気圏内に入ったらわかるだろと信用しませんが、宇宙人は、この広い広い宇宙のどこかに存在しているのかも?なんて思うことはあります。
まだまだ地球人が知っている宇宙っていうのは狭いですもんね。

f:id:happylife1111:20161003111403j:plain

 

花の資格と言っても目的用途は千差万別

人間はどうして花を好むのでしょうね。
うれしい時、めでたい時、悲しい時、冠婚葬祭や催事では必ずと言っていいほど、花を飾り付けたり、贈ったりします。
花というのは人間の感情を表すのに好都合なのでしょう。

道端の雑草が花をつけているだけで、花としての価値を見いだされるように、花は非常に価値あるものとして位置づけられています。
個人宅や会社でも、花を飾り付けることは好まれますが、本格的に花を飾りつける仕事に携わるなら、花の資格を勉強して、取得してみると良いかもしれませんね。
花飾りについての専門知識を有していることで、特別な配慮ができたり、この場所にはこんな花が合うなどと、人にアドバイスもできるようになりますし。
花に携わる職業で一般的な資格は、厚生労働省のフラワー装飾技能検定です。
国家資格であり、3級から1級まであって、花装飾の歴史や専門用語など学科の勉強もそうですが、花束やブーケの制作など技術的な能力まで求められる資格です。

フラワー装飾技能検定はお花屋さんを始めるという人は勿論、あって損は無い花の資格です。
資格を取って技能士になることより、技能試験の練習をしたことが見について、仕事に役立つ面が大きいと言われています。

花の資格としては、フラワーデザイナーや生花の草月流師範や、最近人気のプリザーブドフラワーの講師の資格まであって幅広いです。
花だけでなく植物全般、園芸全般を学んで資格を取得するなら、造園施工管理技士や庭園管理士といった資格もあるので、目的と用途によって勉強を進めていきたいですね。

f:id:happylife1111:20161003110210j:plain