読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

果たして中古のビジネスフォンの価格と機能はどうなのか

ビジネスフォンには、中古新品2種類があります。
前者のメリットですが、まず費用ですね。

物品の価格というのは、総じて新品の方が中古よりも高くなっている傾向があります。
その電話機も、やはり同様なのですね。

そして企業によっては、ちょっと経費を抑えたいと考えている事もあるでしょう。
その場合は、やはり新品よりも中古のビジネスフォンの方がメリットが大きいと言えます。

ところで中古タイプを検討している方によっては、スペックを気にしている場合があります。
新品の場合は色々と機能が多いですが、中古の場合は機能が(ーー;)不足してしまうのではないかと心配な方もいらっしゃるのです。
つまりスペック不足を気にしている訳ですね。

しかし実際のところ、新品中古もそれほど大きな違いはありません。
確かに新品の機能の方が充実はしているのですが、それでも中古のタイプには必要最小限な機能は十分備わっている事が多いです。
オフィス内では保留転送の機能を多用する事も多いですが、中古タイプの多くにはその機能は備わっています。

ですので必要最小限な機能を考えれば、新品も中古も大差はありませんね。
であれば費用面を重視して、中古のビジネスフォンを採用する方が良いという意見もあります。