読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熟成魚というのを食べてきました

熟成肉が流行りましたが、熟成魚というものがあると聞きました。
少し調べてみると、肉とはやり方が(ーー;)全く違うし、
その方法も様々あるということですが…

確かにを熟成させて食べるという食べ方があるということはわかりました。
先日熟成牛デビューをしたばかりですが、魚の方も興味がわいて、
食べに行ってきました。

市内のちょっとお高い和食の料理屋さんです。
ここは熟成魚を売りにしているようで、看板やメニューにも目立つように
書かれていました。
早速目的の熟成魚御刺身盛り合わせを注文したところ、
タイ、タチウオ、赤ムツが出てきました。
しっかり味わおうと、ゆっくり口に運んだところ、
(@_@;)何とも言えない風味と少しもっちりした舌触りで
程良い噛みごたえです。
そして、驚いたのは、噛むたびにお刺身の甘さのようなものが
(*^_^*)にじみ出てきました。
普通のお刺身とは明らかに違う旨みの集合と言う感じ。
舌が肥えていないのでなんとも表現できないのですが、
同じ白身でも全然違う魚本来の味が濃く味わえた気がします。

聞くと、釣った後にしっかり処理された魚の、
これ以上だと(>_<)腐ってしまうという、
ちょうどいい熟成タイミングを見極めるのは、
職人としての経験が絶対的に必要だそうです。
今回は白身の魚でしたが、マグロやイワシなどにも
ちょうど良い頃合いというものが存在するとのことです。
次回は赤身青魚も!(^^)!挑戦してみたいと思います。