読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮮魚やスマホの保管庫などでよく用いられている遮熱塗料

私たちの身の回りには、高い温度は(ーー;)あまり良くない物が幾つも見られます。
例えば生のお魚などは、高温はあまり良くないでしょう。
高い温度にずっと触れさせていると、魚の状態は*1悪くなってしまうからです。
もちろんヨーグルトなどの乳飲料なども、やはり高い温度注意するべきですね。

ところで数ある企業の中には、そのような高温に配慮しなければならない物を
取り扱っている所もあります。
前述の生のお魚保管している倉庫なども、沢山見られるのですね。

そしてそのような企業の場合は遮熱塗料を用いている可能性があります。
なぜならそれを用いれば、生のお魚に対する負担が少なくなる
考えられるからです。

倉庫というのは、思った以上に気温が上昇する傾向があります。
特に夏場の倉庫内などは、40度50度以上になってしまうケースも
(;一_一)珍しくありません。
もちろん生のお魚に対しては、それは良くないでしょう。

しかし前述の遮熱性がある塗料を用いれば、お魚も日持ちするようになると
考えられるのですね。
ですのでそれを保管している倉庫などは、やはりその塗料を利用している
可能性があります。

それと、スマホなども実は高温禁物なのだそうです。
私たちが普段よく用いているあのモバイルツールは、
あまり熱いものに(>_<)近づけてはならないようなのですね。

そしてスマホというのは、様々な部材によって作られています。
ですのでそのモバイルツールを保管している倉庫などでも、
やはり遮熱塗料が用いられている可能性があるでしょう。

つまり熱は厳禁な建物において、その塗料が使われている事も
多いと考えられるのですね。

*1:+_+