読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金がなかったので事故車を購入したがお買い得だった

無職になってしばらく経ち貯金通帳も寂しくなってきたので、

そろそろ働かなくてはならないと思いハローワーク通いが続いていた。

どれもこれも割に合わない仕事だったが、

その中に条件に合う仕事を見つけた。

職場は遠く公共交通機関も通っておらず、

車通勤が必須だった。私は金銭苦で車を売っていたので

格安の車を購入することにした。

走ればいいと探したところ3万円の車を見つけた。ただし事故車であり

そうでなければこんな値段で買えないなと納得したのである。

私はその事故車を試乗することにした。

思いのほか快適に運転ができる

ディーラーも感じがいい男であり、長年事故車を扱っているが、

すぐにトラブルを起こして運転できなくなるような事は

滅多にないという。私はその言葉は話半分で受け取ったが

実際3万円で買えるという事実は非常に魅力的だった。

いろいろな手数料込で13万になるが、

私の予算はその前後だったので選択の余地はあまりな

かった事情もある。私はその事故車を購入することにした。

さていつまでもつやら……と故障してもしょうがない

というスタンスであったが5年たった今でも私はその車で通勤している

少し話は外れるが、一度レールから外れた後の人間も

また事故車のような扱いを受ける。

しかし無職になった人間、そして事故車も活躍の場を与えられれば、

活躍することもできるのだ。私は事故車を通じて新しい価値観を

手に入れた事に満足して今日もマイカーと共に通勤する。

f:id:happylife1111:20150420200114p:plain